資産管理資産の現物管理サービス

固定資産、リース資産、備品、書類、貸出資産、ソフトウェア等の企業の様々な資産についての管理強化を実現します。

特徴・メリット

ポイント
1
適正な資産管理手法による内部統制、会計制度への対応
「資産台帳」と「現場の物品」との整合性が取れていないことにより発生する様々な問題に対し、バーコード、ICタグを利用した管理手法により「効率的且つ正確な資産把握」が可能となります。
ポイント
2
情報漏洩等のリスクを軽減
「貸出をしているPCの所在が不明である」、「保管されているはずの書類が見つからない」等の、モノの紛失に伴う情報漏洩リスク軽減の手段としてもご利用が可能です。
ポイント
3
資産管理に付随する周辺業務もお手伝いが可能
「資産管理手法についてのコンサルティング、マニュアル等作成」、「物品の調査、バーコード貼付作業」、「棚卸し業務の代行」等、資産管理強化に付随する周辺業務のお手伝いも可能です。

サービス概要

適正な資産管理により課題を解決します!

管理対象例

導入事例

業種(管理点数) 管理対象 課題、導入目的
製造業
(4,000点)
設備、金型、研究機器等の管理 台帳と現物が合わない。モノの特定が難しい。廃棄情報の管理(研究機器)
流通業
(30,000点)
店舗設備の管理 モノの移動が多い。棚卸し及び会計システムへのデータ更新時間の短縮
不動産業
(8,000点)
契約書、権利書等の書類管理 紛失、漏洩への対応。情報の共有。持出・未返却管理。保管期限管理
情報通信業
(1,500点)
PC、サーバの管理 棚卸し業務の効率化、ハード+ソフトウェアライセンスも含めた管理

多くのお客様での導入実績の理由のひとつにシステムの使い勝手の良さがあります
(2013年3月現在、400社・1,500ライセンスの実績)

※本サービスにつきましては(株)ネットレックスとの連携による御紹介となります

導入事例:資産の現物管理サービス

固定資産台帳と現物が一致していない現状を改善したい。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの前にこちらもご覧ください。

よくあるご質問

このページの先頭へ戻る