JAML Academy 学べるリース

Level.01リースビジネスをイメージする

リースの仕組み

リースとは「企業が設備投資をする手段」の1つ。お客様が必要とする設備や機器を、リース会社がお客様に代わってサプライヤー等から購入し、お客様へお貸しするというのが基本的な仕組みです。①対象となるモノを使うお客様(ユーザー)、②そのモノを作る・売る会社(サプライヤー)、③リース会社の3者間で行われます。リースの対象となるモノは、産業・工作機械といった機械類や、コンピュータ、通信機器、医療・商業設備などの設備類、無形のソフトウェアまで、あらゆる分野にわたっています。

CHECK POINT

リースを活用することで、設備導入時に多額の資金が不要、事務管理の省力化が図れる、環境関連法制に適正に対応できる、コスト把握が容易になる等、お客様にとって多くのメリットが発生します。また、メーカー・販売会社にとっても、販売の促進効果がある、代金の早期回収や代金の未収リスクのヘッジができるなど、様々な利点があります。

リースの種類

リースには様々な種類があり、対象となる設備や機器の賃貸借総額、契約期間、解約条件等によって違いが出てきます。会計的な観点からは、大きく「ファイナンスリース」、「オペレーティングリース」の2つに分けられますが、ここでは、代表的なリースの特徴から3つを紹介します。

ファイナンスリース

「ファイナンスリース」とは、お客様が希望する物件をリース会社が購入し、お客様にその物件を一定期間賃貸するというもので、一般的にリースというとファイナンスリースを指します。物件の代金、税金、保険料などはリース料としてお客様が実質負担(フルペイアウト)し、原則として契約途中での解約はできません。リースを導入することで資金にゆとりが生まれると共に、細かな手続きはリース会社で行うため、事務処理の軽減を図ることができます。

オペレーティングリース

ファイナンスリース以外の取引を「オペレーティングリース」といいます。具体的には、フルペイアウトでない・中途解約が可能、という特徴のうち、いずれかもしくは両方に該当するリースを指します。建設機械や自動車など、リース終了時に中古としての価値が見込める物件について、予めその中古としての価値(=残存価値)を差し引くことで、月々のリース料を低く抑えることができます。中古品市場の動向やモノの価値の見極めといった、リース会社の知見やノウハウが重要となります。

メンテナンスリース

ファイナンスリースやオペレーティングリースに、リース物件の保守、管理などのサービスを付加したリース契約を「メンテナンスリース」といいます。例えば自動車を所有すると、定期点検や車検、部品交換などのさまざまな管理が必要となりますが、メンテナンスリースではこうした管理をリース会社が代行するため、お客様の手間が大幅に削減できます。サービス機能に着目したリースの分類の1つであり、特に自動車リースで活用されています。

JAML View 01

榎本 雄気
榎本 雄気
2016年入社 人材開発室

リースについて会計の授業で知ったという方も多いのではないでしょうか。リースは「金融」に加えて「モノ」が関わる仕組みのため、例えばメンテナンスサービスをつける・物件の価値に依拠したスキームを組む等、モノの特徴や知識を活かしたビジネスをすることができます。JA三井リース(JAML)では更に、既存の仕組みに付加価値を付ける「+α」の発想で、医療分野の「Medit」や農業分野の「農機シェアリース」といった、業界初となる商品の開発にも積極的に取り組んでいます。