導入事例医師開業支援

 

都内で開業した外科医G様のケース

医療ビジネスに精通したパートナーのサポートで、理想的な開業へ

導入の背景

大学病院の勤務医であるA医師は、予ねてから開業の夢を抱いておられました。
日頃の診療を通じて、理想とするクリニックのイメージはあるものの、いざ開業準備となると、何から着手してよいか分からずお困りでした。
そこで、昨年開業された先輩のB医師へ相談され、B医師が開業にあたり、JA三井リースが運営する開業サポート&サービス「メディット(Medit)」に相談しながら、開業準備を進めたことを耳にされました。B医師の推薦もありホームページを通じてメディットに登録され、さっそく個別相談会へお申込みをいただきました。

導入までのプロセス

個別相談会にて事業収支シミュレーション

メディット作成の事業収支シミュレーションで設備投資や資金調達、人員計画等を策定・検証。事業計画上も十分に成り立つことを確認しました。
又、最大の不安要因であった資金調達もJA三井リースのリース・割賦・融資や、メディットが連携する金融機関からの融資を活用し、無事クリアされました。

開業地選定

メディットから無料で提供される「診療圏調査報告書」をもとに見込患者数をチェック。複数の候補エリアの人口動態、年齢構成、医療施設情報等を確認。実際に周辺環境や立地条件なども現地確認し、開業地決定となりました。

開業準備

開業準備に当たっては、メディットの連携企業紹介機能を活用され、建築・内装、医療機器、臨床検査、会計・税務、広告などを選定。医療に精通したパートナーによって、ご満足いただける開業準備となりました。

開業、開局をトータルサポート

お客様の感想

「やや苦手意識のある経営・ビジネス面についてはメディットからのアドバイスにより、専門家集団のサポートによって自分が納得できる十分な開業準備ができたことで、開業に向けた不安が払拭され、スムーズな開業ができたと思います。開業後も、当初予想を上回るペースで患者さんが来院されており、忙しく診療を行っております。
JA三井リースさんには、開業後の医療設備導入に際してはリースをお願いしています。リース以外にも色々と相談に乗ってもらっており、大変感謝しています。」

このページの先頭へ戻る