導入事例:外貨建ファイナンス|導入事例|JA三井リース株式会社

導入事例外貨建ファイナンス

 

国内自動車部品メーカーC社様

海外現地法人の設備投資に、外貨建ての割賦契約で為替リスクを排除。

導入の背景

当社の大量生産部門という位置づけにあるタイ現地法人で、タイに工場のある日系大手メーカー向けの専用加工機を導入を計画していました。
リース会社からは、当初当社経由の割賦販売契約を提案されていましたが、現地での資金調達を予定していたため、リース会社を起用することは想定していませんでした。

為替リスクの解消

現地での資金調達を前提としていた背景は、国内メーカー製の機械設備のため導入費用が円建である一方で、顧客である企業からの入金は外貨建であることから、収支の為替差を無くすことが目的でした。
そのことをJA三井リースの営業担当者に伝えたところ、機械設備費用はJA三井リースから円建で支払い、JA三井リースに対しては割賦代金として外貨建で支払うといった為替リスクを回避できるスキームの提案を受けたことから、JA三井リースにお願いすることに決めました。

契約の効果

タイ法人の専用加工機の売上は順調に推移しており、売上と同じ通貨で支払いができるため、手続も非常にスムースで、余計なコストも発生せず大変助かっています。
また、契約当時は、1ドル70円台後半から80円台前半を行き来する歴史的な円高局面であり、今振り返ってみても、JA三井リースに対応していただいて本当に良かったと思います。

このページの先頭へ戻る