農業生産者向けサービス農機・園芸設備購入選択権付リース

農機・園芸設備 購入選択権付リースは、リース期間満了時にリース物件の購入を選択できる権利を付与したリース商品です。満了時の使用実態に合わせて、更新や継続使用を柔軟に判断することが可能です。

特徴・メリット

ポイント
1
リース料の低減
物件価格からあらかじめ設定した残価を差引いてリース料を計算するため、通常のリースに比べて期間中のリース料を低く抑えることができます。
ポイント
2
広がる選択肢
従来の二次(再)リースに加えて、リース満了日にリース物件の購入を選択することができます。
ポイント
3
リースメリットの享受
購入選択権付リースはオフバランス・全額費用計上(中小企業会計指針により賃貸借処理を選択した場合)、事務処理省力化等、ファイナンスリースのメリットを全て享受していただけます。

農機・園芸設備購入選択権付リースの仕組み

リース契約締結時に、あらかじめ導入物件の残価を設定してリース契約を締結します。 リース契約満了時には、購入選択権を行使してあらかじめ設定した残価で物件を購入することができます。
リース契約満了時には、残価を元に計算した再リース料での更新、物件の返還(残価の精算が必要になります)もご選択いただけます。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせの前にこちらもご覧ください。

よくあるご質問

このページの先頭へ戻る