リースの基礎知識よくあるご質問

お客様から寄せられる、よくあるご質問と回答をご紹介いたします。

一般の方向け

開くどのような物件がリースの対象になりますか?

コンピューター、事務機器、産業・工作機械、医療機器等あらゆる動産が対象となります。
建物及びその付属設備、構築物はリースの対象外となりますが、建物リースや割賦、支払委託等の契約形態によるご提案も可能ですので、当社営業担当者にご相談ください。

開くリースの申込みはどの時点ですれば良いのですか?

お客様にてご希望の物件を選定いただきます。
サプライヤーとの間で機種・仕様・納期・価格等の諸条件を,決定のうえ、物件見積書を取得した後、お申込ください。「リース契約の流れ」もご参照ください。

リース契約の流れ

開く申込み(初回)には何が必要ですか?

リース契約に際し審査がございます。審査にあたっては、会社概要(パンフレット・経歴書等1通)、直近の決算書(3期分)等が必要となります。
契約締結の際、商業登記簿謄本、印鑑証明、本人確認書類等が必要となる場合がございます。審査の結果、ご要望にお応えできない場合がございますのでご了承ください。
本人確認書類につきましては月額リース料が税込10万円を超える場合、申込者(申込者が法人の場合には、 取引窓口のご担当者様)の本人確認が必要となります。  「リース契約の流れ」も御参照ください。

リース契約の流れ

開くリース期間はどのように決まりますか?

リース期間は、以下の計算式で算出される期間を下限として、お客様の必要に応じた期間を設定できます。
下限リース期間=法定耐用年数×70%(端数を切捨て)

※法定耐用年数が10年以上のものは、【法定耐用年数×60%】

法定耐用年数と下限リース期間との関係

法定耐用年数 下限リース期間
3年 2年
4年 2年
5年 3年
6年 4年
7年 4年
8年 5年
9年 6年
10年 6年
11年 6年
12年 7年
13年 7年
14年 8年
15年 9年
開くリース料には何が含まれますか?

物件金額、リース期間中の固定資産税・動産総合保険料、金利が含まれます。

開く金利状況が変わった場合、リース料も変更されますか?

リース料は、契約期間中変更されません。

開く搬入裾付費用はリースの対象にできますか?

事業の用に供するために直接要した費用は、取得価額の一部としてリースの対象に含めることができます。個別にお客様の会計士等にご相談ください。

開く法定耐用年数の異なる物件を1契約としてリースする場合のリース期間はどうなりますか?

物件毎の法定耐用年数を加重平均して計算の基礎となる耐用年数を算出し、それを基に適正リース期間の計算を行ないます。

[例]

  1. (1)加重平均算出のための金額を求めます。
リース資産 【1】取得価額 【2】法定耐用年数 【3】加重平均算出のための金額
(【1】÷【2】)
A 9,000,000円 9年 1,000,000円
B 1,600,000円 8年 200,000円
C 14,000,000円 7年 2,000,000円
合計 24,600,000円   3,200,000円
  1. (2)加重平均した耐用年数を求めます。
    【1】24,600,000円÷【3】3,200,000円=7.6875年
  2. (3)適正リース期間を求めます。
    最短  7年(端数切捨) × 0.7 = 4.9年 → 4年(端数切捨)
開くリース物件にシールを貼付するのは何故ですか?

リース物件の所有権は当社にあり、お客様の所有物と区別するためにシールを貼付しております。また物件返還等、適正な物件処分を行うためにも有効です。

開く動産総合保険について詳しく教えて欲しい

「動産総合保険」は、免責事由に触れない限り「すべての偶発的な事故」によりリース物件(車両、船舶等は除く)に生じた損害について担保する保険です。 詳細は「動産総合保険」をご覧ください。

動産総合保険

開く中古の設備でもリース、割賦は対応できますか?

使用年数や物件により条件が異なりますが、対応しています。詳しくは当社担当者までお問い合わせください。

開く海外での設備投資にも対応できますか?

対象国により制限がありますが、対応しています。当社担当者までお問い合わせください。

お取引中のお客さま向け

開くリース物件が故障したのですが修理をリース会社にお願いできますか?

物件の保守・修繕は原則としてお客様に行っていただきます。物件を納入されたメーカー・ディーラー様にご連絡の上、修理をお願いします。メーカー・ディーラー様がわからない場合は、契約番号をご確認の上、当社営業担当にご相談ください。
尚、リース物件には動産総合保険を付保しており、故障の原因によっては当社を通じて保険会社から修理代金のお支払が可能となる場合もありますので、当社営業担当にご相談ください。

開く中途解約はできますか?

原則中途解約はできません。但し、止むを得ない事情がある場合は所定の解約金をお支払いただき、当社に物件を返還いただくことで解約いただくこととなります。詳細は当社営業担当にご相談ください。

開くリース期間が終了した時、物件はどうなりますか?

リース契約終了前に当社よりリース契約満了のご案内を書面にてご案内いたします。引続き使用を希望される場合は再リースを申込みいただくことで年額リース料の1/10程度の再リース料で1年間物件をそのままご使用いただけます。
使用をおやめになる場合は、リース終了通知をご提出いただき、当社の指定する場所にリース物件を返還していただきます(返還場所までの送料はお客様の負担となります)。

開くリース物件の設置場所を移動させることはできますか?

可能です。当社所定の「物件設置場所等変更承諾依頼書」の提出をお願いします。
こちらから書式をダウンロードの上、ご送付願います。

各種届出用紙ダウンロード

開く社名、代表者、住所等の変更手続はどのように行えば良いですか?

お客様の社名・代表者様・ご住所、お取引印の変更が生じた場合は、変更届等の書類をご提出いただきますので、当社営業担当者までご連絡ください。
こちらからも書式がダウンロードできます。

各種届出用紙ダウンロード

開く契約中のリース料にかかる2014年4月以降の消費税の取扱いはどうなりますか?

リース取引の契約日、リース開始日、ご契約内容によって消費税率の適用関係が異なります。
詳細は、「リース契約に関する消費税法改正の取り扱いについて」をご覧ください。

このページの先頭へ戻る