公式SNSで旬な情報をお届けします!

無料オンラインセミナーの
お申し込みはこちら

平日9:00~17:15営業時間に内容を確認の上、ご連絡いたします。

生産者さま必見! リースでかしこく農業経営

  • 農機具をそろえるのに時間がかかりそう
  • 農機具をそろえるのに時間がかかりそう
  • 融資の手続きが煩雑で面倒くさい
  • 投資による収支悪化を改善したい
  • そんなお悩みに関するノウハウをセミナーで徹底解説!

セミナー参加者 累計500*名突破 *2022年4月当社調べ

セミナー回数 年間90*回開催 *2022年4月当社調べ

生産者さま必見! リースでかしこく農業経営 生産者さま必見! リースでかしこく農業経営

農機具リースに
ついて

さまざまな理由から、一度に高額の出費を行うことが難しい場合などに、JA三井リースが生産者さまに代わって購入費用を立替え、農機具等を購入したうえで、貸し出すサービスです。生産者さまは、初期投資0円で農機具等が導入でき、所有と何ら変わらずに自由に利用することができます。累計ご利用農家数4.8万件超! 皆さんの要望に沿ったオーダーメイドなプランを提供します!2022年4月 当社調べ

田植え機
ジョンディア
管理機
パイプハウス
コンバイン
ドローン
スピードスプレイヤー
飼料タンク
ヤンマートラクター

STEP1STEP2
組み合わせで
自由な
リースプランが
選べます

リースが終わった時の選択肢

  • 購入できるリース
    購入できるリース(残価設定型リース)
  • 返却するリース
    返却するリース(残価なしリース)
×

リース期間の設定

  • 長く使う物件におすすめ

    長期期間
    長期期間耐用年数より長い期間
  • もっとも多くご利用されております

    通常期間
    通常期間耐用年数と同じ期間
  • 短い期間で
    どんどん買い替える物件におすすめ

    短期期間
    短期期間耐用年数より短い期間

例えば、農機具ごとに
こんな使い方ができます

  • トラクター・ミニショベルなど おすすめはこちら! 購入できる×通常期間トラクター・ミニショベルなど おすすめはこちら! 購入できる×通常期間

    トラクター本体価格320万円の場合 7年リース 残価設定型リース

    農機具本体価格の一部を残価として差し引いてリースを組む為、リース期間中のリース料は割安です。 しかも、リース終了時にはあらかじめ取り決めておいた残価で農機具をご購入いただけます。お支払いは、月払い・年払い、収穫期払い等ご自由に選択いただけます。

  • パイプハウス・乾燥機・予冷設備など施設系設備 おすすめはこちら! 購入できる×長期期間パイプハウス・乾燥機・予冷設備など施設系設備 おすすめはこちら! 購入できる×長期期間

    償却イメージ (法定耐用年数7年、リース期間15年とした場合)

    長期間の使用が想定される施設系設備などは使用年数に合わせ、法定耐用年数より長いリース期間を設定することができます。費用平準化+長期繰延べの効果により、設備導入当初の減価償却負担が小さくなり、導入初期の収支の改善に繋がります。

  • ドローン・スマート農機など おすすめはこちら! 返却する×短期期間ドローン・スマート農機など おすすめはこちら! 返却する×短期期間

    償却イメージ (法定耐用年数7年、リース期間4年とした場合)

    農機具の陳腐化に備え、法定耐用年数よりも短いリース期間を設定します。減価償却費よりも前倒しで費用を計上してゆく形になります。

  • コンバイン・ 収穫機・定植機など おすすめはこちら! 返却する×通常期間コンバイン・ 収穫機・定植機など おすすめはこちら! 返却する×通常期間

    コンバイン本体価格320万円の場合 7年リース 残価なしリース

    耐用年数を目安として、実際の更新期間にあわせたリース期間で組みます。まとまった資金がなくても農機具を導入でき、長期分割でお支払いできます。使用期間=リース期間とすることで効率的な設備更新ができます。

皆さまの経営ステージ
に合わせて、

さまざまなリース
が活用できます

  • 六次化

    六次化

    不動産扱いにならないコンテナハウスやトレーラーハウスもリース可能。事務所や宿舎や店舗にご利用いただけます。

  • 事業継承

    事業継承

    ご引退される生産者さまの農機具等を公正な査定価格で買い取り、事業を引き継がれる就農者さまにリースします。

詳しくは
無料のセミナーで
お伝えします

日時
毎週木曜日の19:00~20:00Zoomを使用してオンラインで開催!
内容
  • 入門編 (20分)リースの仕組みやメリットを丁寧に解説いたします!
  • 応用編 (40分)経営・会計・税務の目線で設備投資の方法や事例をお伝えします!

無料オンラインセミナー

平日9:00~17:15営業時間に内容を確認の上、ご連絡いたします。

公式SNSで旬な情報をお届けします!

ご利用のお客様の声

  • 農機具の悩みは全部相談したいと思います
    山口県 株式会社維里 首藤さま
    山口県 株式会社維里 首藤さま
    リースはコンバインなどの特定の農機具でしか利用できないと思っていましたが、4Hクラブの仲間に勧められたJA三井リースさんのセミナーに参加して、リースの印象がガラッと変わりました!欲しい農機具はなんでもリースできるし、JA三井リースさんは中古農機の買取もしてくれるんです。
    私が愛媛から山口に移住する際は大変助かりました。移住でバタバタしているときに、あれっ?っていうくらい簡単な手続きで水田除草機を導入できましたし、移住にまとまった資金が必要だったときは、農機具の買取で資金調達ができました。今後も、農機具に関する悩みができたら、まずはJA三井リースに相談しようと思います。
    山口県 株式会社維里 首藤さま
  • 群馬県 Vegeta株式会社 松島さま
    規模拡大にリースは必須!
    群馬県 Vegeta株式会社 松島さま
    群馬県 Vegeta株式会社 松島さま
    祖父の農地を引き継いで、4反から40町歩まで拡大してきました。リースを知る前は借入枠を考慮して設備投資を躊躇するときもありましたが、リースを活用することで、借入枠を温存して設備投資ができるようになりました。
    しかも、申込書を1枚書くだけで審査もしてくれるので、作業で忙しい人も簡単に利用できます。固定資産として帳簿に載せないで、全額経費に計上できるのもありがたいですね。
    僕みたいに規模拡大を目指す人は、リースを選択肢に持っておくだけで可能性がぐっと広がると思います。
  • 農機具管理がらくちん!
    長野県 有限会社トップリバー 嶋崎さま
    長野県 有限会社トップリバー 嶋崎さま
    リースは割高なイメージがありましたが、補助事業がきっかけで利用することになりました。使ってみると、リース料金には償却資産税や損害保険料が含まれていることを知り、借入とそんなに変わらないんだなと思いました。むしろ、借入枠と別枠で利用でき「お財布が二つ」になる感じなので、非常に重宝しています。また、事業規模の拡大に伴って農機具の台数も増えてきますと、機械単位での契約となるリースは、書類の整理がすっきりし、管理が非常にらくちんです。やらず嫌いはだめ。自分の経営に取り入れるかどうか、実際にリースを経験してみて、判断することが大切だと考えます。
    長野県 有限会社トップリバー 嶋崎さま
  • 山口県 中戸さま
    親子でシェアリースしています!
    山口県 中戸さま
    山口県 中戸さま
    私は父親と一緒に営農してますが、経営は分けています。私と父親とそれぞれにトラクターを所有していますが、お互いもう一台ほしいなと考えてました。2人でお金を出し合って一緒に購入しようという話になりましたが、どちらかの所有にしないといけませんし、賃料の精算や減価償却費の按分もめんどくさいなと思っていたときに、シェアリースのことを知りました。
    シェアリースは、1台のトラクターを無駄なく親子で共同利用でき、持ち分割合でお互いの費用負担が明確なので、お金の管理や決算処理がとっても楽になり助かってます。手続きも簡単で楽ですし、同じような経営をしている人は一度ご利用されてみてはどうでしょうか?

リース契約の流れ

  1. 商品の選定(生産者↔販売店)
    販売店は基本的にどこでもOKです。
    生産者さまのほうで自由に価格や仕様の交渉をしていただけます。
    新品・中古は問いません。
    ▼
  2. リース利用申込書
    のご提出&審査(生産者↔リース会社)
    「農業かんたんサポート」でのお申込みであれば、
    原則決算書や申告書は不要(申込書への記入)です。
    審査は最短翌日・原則1週間以内にご連絡いたします。
    ▼
  3. リース料の
    お見積り(生産者↔リース会社)
    お客さまのご要望に沿ってオーダーメイドでご提案いたします。
    残価あり・なし、長期・短期、支払方法:年払い・月払いなど
    見積もりは無料で承ります。
    ▼
  4. 契約書の締結(生産者↔リース会社)
    ご実印・印鑑証明書・登記簿謄本(法人のみ)等が必要となります。
    ▼
  5. 物件の発注・納品(販売店↔リース会社)
    リース会社から販売店へ発注を行います。
    販売店から生産者さまのご指定する場所・日時に納品を行います。
    ▼
  6. リース開始(生産者↔リース会社)
    生産者さまからリース会社へ借受証をご提出していただき、
    リーススタートとなります。

よくある質問

  • 個人事業主や任意組合でも(法人契約以外でも)リースの利用はできますか?

    農業関連の収入がある方であれば、個人事業主の方はもちろん、営農組合・生産部会など法人格のない任意団体でも契約名義者となってリースのご利用が可能です。お気軽にお問合わせください。一定の審査がございます。

  • リースできる農機具に制限はありますか?

    コンバイン、トラクター、ドローン、パイプハウス、乾燥機などあらゆる農機具がリースの対象です。最低金額や上限金額はございませんので、管理機などの数万円の少額機械から、完全環境制御型の園芸ハウスなど1億円近い施設まで、幅広くご利用いただいております。動産が対象です。消耗品や不動産は除きます。

  • リース料の試算をしたい時や、リースを利用したい時はどこに連絡すれば良いですか?

    お気軽にJA三井リースグループにご相談ください。無料でリース料のお見積もりや最適なプランのご提案をさせていただきます。農機具販売店との間で機種・仕様・価格等の諸条件が決まっておりましたら、より正確なリース料のお見積もりが可能です。
    › お問い合わせはこちら

  • リースの申し込み・審査の際に提出しなくてはいけない書類はなんですか?

    「農業かんたんサポート」でのお申込みの場合、ご提出していただく書類は原則リース利用申込書1枚のみです。農機具の故障などによる急な設備需要が生じた際や、農繁期で事務作業に手が回らない時期にも、お客さまにご負担なくリースのお申込みができます。
    › 農業かんたんサポートについてはこちら

  • お申し込みからどれくらいで農機具を利用できますか?

    「農業かんたんサポート」でのお申込みの場合、お客さまからリース利用申込書をご提出いただいてから通常案件であれば最短翌日・原則一週間以内に審査の結果をお知らせいたします。その後リース契約の締結を行い、農機具の発注・納品となります。販売店にて既に農機具の在庫確保ができており、スムーズに納品が行えれば、最短お申込みから2週間程度でリースが開始でき、農機具を利用できます。

  • リース期間の途中で解約はできますか?

    原則中途解約はできませんが、止むを得ない事情がある場合は所定の解約金をお支払いいただくことで解約することができます。

  • 日頃のメンテナンスや、修理にかかる費用はどうなりますか?

    日頃の点検整備やメンテナンス、通常使用時の故障や自然損耗による修理にかかる費用はお客様にてご負担いただきます。一方でリース物件には動産総合保険が付保されています。偶発的・突発的な事故や盗難、台風・火災・落雷などの自然災害による損害は動産総合保険の対象となりますので、安心してリース物件をご利用いただけます。
    › お動産総合保険についてはこちら

  • リース料金はどのように決まるのですか?

    農機具本体価格に、リース期間中の保有経費(償却資産税や軽自動車税、動産総合保険料、金利など)を加えたものがリース料総額となります。また、リース期間の長短や、リース物件の種類、リース料の支払方法、廃棄費用の有無などの諸条件によってもリース料の総額は変わって参ります。お客様一人ひとり個別に見積もりをしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
    › お申し込みはこちら

詳しくは
無料のセミナーで
お伝えします

日時
毎週木曜日の19:00~20:00Zoomを使用してオンラインで開催!
内容
  • 入門編 (20分)リースの仕組みやメリットを丁寧に解説いたします!
  • 応用編 (40分)経営・会計・税務の目線で設備投資の方法や事例をお伝えします!

無料オンラインセミナー

平日9:00~17:15営業時間に内容を確認の上、ご連絡いたします。

公式SNSで旬な情報をお届けします!