JA三井リース株式会社

Menu

導入事例 CASE

JMiL

株式会社E社様

リース管理の精度を高めると共に、業務の効率化をおこないたい

リース管理ソリューションのJMiLを転リース業務の管理にも活用し、業務効率化を達成

これまで利用していたリース管理システムが老朽化し、新システムの導入を検討していました。JMiLは必要とする機能の大半が揃っており、一部カスタマイズ(有償)をすることで当社転リース業務に適応出来、業務効率化も叶いました。
具体的には転リース先と取り交わす契約書類、請求書、満了案内等をJMiLから出力できるようにカスタマイズを実施しました。

導入のプロセス

デモの実施

JA三井リースより、システムのデモ・管理事例等を聞いた上で、「必要な管理ができるか」、「具体的管理項目、方法」について関係部門との打合せを行い、管理イメージを作り上げていきました。

カスタマイズ要件のヒアリング

転リース業務に関係する契約書類の仕様についてヒアリングを受け、JMiLから契約書類が出力できるようにカスタマイズを依頼しました。

システムの導入、データの移行

システムの導入に際し、懸念であった既存データの移行についても、JA三井リースとの間で効率的な方法を事前に打合せを行い、既存データの移行に加え新規管理データの取り込みをおこないました。

導入後のフォローについて

導入後についても必要に応じ、JA三井リースの専用ヘルプデスクへの確認・相談等をおこない利用をしています。

導入の効果・結果

  • 帳票作成機能を実装し、リース契約書、請求書、満了案内等、リースの手続き上必要となる書類を直ぐに出力でき、業務の効率化に繋がりました。
  • リース契約状況の把握、物件設置場所の管理、満了対応が効率的になりました。

今後の活用

リース関連業務全般について効率化を進めることができました。今後営業部門にて展開をおこなう機器の管理にもJMiLを活用していく事を考えています。

関連商品・サービス

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

お問い合わせの前にこちらもご覧ください。よくあるご質問