導入事例環境エネルギー(メガソーラー導入支援)

 

K社白河工場様

電子部品機器の老舗メーカー、プリント回路とコンデンサに強みを持つ

導入の背景

保有資産の有効活用を図ると共に再生可能エネルギーの普及促進に努めたい。

東日本大震災以降、日本のエネルギー事情は様変わりし、太陽光や風力など自然環境に優しい再生可能エネルギーに注目が集まっていますが、当社も自社工場が被災したこともあり、再生可能エネルギーについて強い興味を抱いていました。
2012年に入り、「再生可能エネルギー特別措置法」に基づく「再生可能エネルギー全量買取制度」等の諸制度の整備が急速に進み、当社でも白河工場の遊休地並びに工場建屋の屋上を利用した太陽光発電事業の検討を進めていました。

導入のプロセス

リース活用での事業収支シュミレーション

遊休地の広さから2MWのメガソーラー計画を立案。当地の日射量は申し分なく、事業計画上も十分に成り立つことを確認しました。
資金調達手段は融資またはリースの何れかを検討していましたが、償却費用が平準化できるなど事業計画上のメリットが大きいリースを採用することとなったため、取引歴の長いJA三井リースに依頼することで、資金確保の目処が立ちました。

補助金の共同申請

事業計画の作成段階で、東日本大震災特定被災区域向けの補助金の存在を知りました。資金調達負担の軽減にも繋がることから、本補助金活用の検討を進めましたが、補助金の申請にあたっては、書類作成といった一連の手続きをJA三井リースと共同で作業することで無事採択を受けることができ、当初の事業計画よりも大幅な収支改善が実現できました。

リース契約締結~着工開始

リース契約から施工業者への発注や補助金申請、経産省からの設備認定などの一連の手続きをスピーディーに進めた結果、資材等も問題なく確保でき無事着工開始。2013年秋の稼動を予定しています。

JA三井リースを選んだ理由

補助金申請の締め切りが迫っていたこともあり、リース会社の選定は非常にタイトなスケジュールでした。その中でもJA三井リースは他のリース会社と比べ迅速に対応をしていただきました。また、発電事業は当社として初めての取り組みであり、色々手探りしながら進めていましたが、補助金申請の手続き方法や再生可能エネルギー全量買取制度についての有益情報(電力会社の対応状況等)を積極的に提供してくれたことも非常に有難く感じました。

導入の効果・結果

遊休地や補助金を活用したことで、コスト面では他のメガソーラーと比べても大きなメリットのある事業となっています。また、事業計画全体をスピーディーに進めたことで、パネルを含めた資材の確保が着実に進められ、工事も順調に進んでいます。2013年秋の稼動後は年間2,000千kWhの発電量と年630トンの二酸化炭素削減を見込んでおり、企業の社会的責任として環境負荷低減などを通じて社会に貢献していきたいです。

(2013年8月現在)

このページの先頭へ戻る