リースの基礎知識新リース会計基準について

2008年4月以降開始する事業年度より適用された新リース会計基準について御案内いたします。

概要

2007年3月30日に企業会計基準委員会(ASBJ)が「企業会計基準第13号 リース取引に関する会計基準」及び「企業会計基準適用指針第16号 リース取引に関する会計基準の適用指針」(リース適用指針)を公表し、これを受けて新しいリース会計基準が適用されました。

主なポイント

  • 適用時期
    2008年4月以降に始まる事業年度
    ※2008年3月31日以前に開始する事業年度にも適用可能(早期適用)
  • 賃貸借処理の廃止
    所有権移転外ファイナンスリース取引に関する通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理の廃止(オンバランス)
  • 適用初年度の扱い
    企業毎に原則法と例外法の処理方法の選択可能
  • 適用対象
    上場企業(連結子会社含む)及び会社法上の大会社
  • 中小企業の会計・税務処理
    中小企業は、「中小企業の会計に関する指針」に基づき所有権移転外ファイナンス・リース取引について、引き続き賃貸借処理することが可能

リースの利便性を高めるユーザサポートシステム

新会計基準対応版JMiL(ジェイミル)

当社では、リース新会計基準に対するお客様へのソリューションとして新会計基準対応版JMiL(ジェイミル)を開発いたしました。

※JMiL(ジェイミル)はリース契約情報管理の一元化を実現するパッケージソフトです。

このページの先頭へ戻る